集いし者達( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)

ラグナロクオンラインのEir鯖で活動をしていますRestinです。狩りで思ったことや楽しかったことを残せたらと思っています。
2011年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年05月
ARCHIVE ≫ 2011年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【期待値とは?】アモンラーcの理論考察【その3】

アモンラーcの考察その1
アモンラーcの考察その2で、アモン靴がどの程度の耐久力を持っていたかが分かったと思います。

*5月25日に17時頃、分かりにくい部分に補足説明を追加しました


今回はそれを理論的に考えてみようと思います。
最初に…申し訳ありません。とっても難しい記事になってしまいました。

そしてその結果は、
「こう考えると理論的にも考えることができるよ?」という考え方を提示するだけで新しい事実は特にありません。

また…キリエはログに重複しているように表示されエフェクトも出るが実は重複しないという情報もいただきました。
その可能性も否定できないので考察する必要があると思います。(今回はしませんが)



文字ばっかり、数字ばっかり…そんな戦いにも耐えられる方だけが、見てくださると嬉しいです。
*数学的な間違いがあれば言ってもらえるともっと嬉しい!



この理論考察の上で大切になってくるのは、期待値という言葉です。
残念ながらこの「期待値」という言葉は違う意味で使われていることが多いです。

余談ですが普段使うが言葉は移り変わっていくものなので、定義が曖昧になるのは仕方ないことなのです。
しかし「期待値」という言葉は数字を議論する上で大切な意味を持ちます。その意味をとり違えることは語弊を招きますね。



-----期待値とは-----('ω')ノ

確率論において、確率変数の期待値とは確率と確率変数を掛けた総和を取ったものである。(wikiより
はい、文章だけだと意味不明ですね。

一つここで期待値というものを考える具体例を見てみましょう。


あなたは1000円持っています。

目の前に怪しい人がいます。こんな話を持ちかけてきました。
「一回1000円のゲームをしましょう。サイコロを振って、その目の数×1000円を貴方にあげます」
*サイコロの5が出た場合、5×1000=5000円貰えるということ。

さて、あなたはこのゲームを受けますか?
感覚的に考えて、どんなに悪くても1000円は貰えるのでやる価値ありますね。


さて…もしこのゲーム1回2000円だったらどうですか?
1が出たら損をして2が出たら±0になり3以上の場合は得をするわけです。

う~ん、微妙なラインですね。
個人的には人生は冒険だと思うのでやってみたいところです。

さて、ここからが問題です。1回いくらを払ってまでなら数学的に得をするのでしょうか???

これを考える上で重要なのが期待値という概念なのです。


さてさて、どんどん話を進めます。

期待値の求め方は、確率と確率変数を掛けたものの総和ですね。

上のようなゲームをする場合

1、2、3、4、5、6の目が出る確率は、それぞれ1/6ですね。

1が出た場合貰えるお金は1000円なので1/6×1000=1000/6となるわけです。
これが確率と確率変数を掛けたものです。

2が出た場合はどうでしょうか。
1/6×2000=2000/6ですね。

3の場合は
1/6×3000=3000/6

4の場合は
1/6×4000=4000/6

5の場合は
1/6×5000=5000/6

6の場合は
1/6×6000=6000/6


つまり確率と確率変数を掛けた総和というのは・・・

1000/6+2000/6+3000/6+4000/6+5000/6+6000/6=21000/6
21000/6=3500となるわけです。

さて、この3500という数字は何を意味するのでしょうか?最初から横着せずに読んでらっしゃる皆様ならきっとわかると思います。
つまり、3500という数字はサイコロを一度振ってお金を貰うという試行をした際に期待できる金額なわけです。

先ほどの話に戻りますと、一回3500円までならやる価値があるということです。
一度試行して、3500円期待できるのであれば1回1000円なら2500円の儲けが期待できるわけですね。

同じように考えて、防具などを精錬したときの期待値を求めることも可能です(今回はしませんが)
しかし、決してほしい武器を精錬するのに必要なお金ではありません
それは期待値でなく、単なる経費です。


ーーーーーーー期待値の話おしまいーーーーーーーーー



準備運動はこれくらいでいいだろう…
詳細は
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。